“下馬評”の読み方と例文
読み方割合
げばひょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
運慶護国寺の山門で仁王を刻んでいると云う評判だから、散歩ながら行って見ると、自分より先にもう大勢集まって、しきりに下馬評をやっていた。
夢十夜 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
心貫流丸目文之進だろう。イヤ、吉岡流祇園藤次だろう。なアに諸岡一羽なら慈音とちょうどいい勝負、などと衆人下馬評からして、この活気が立つ。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
などと、弓道にこころえのある傍観者は、はやくも、各藩のひかえ下馬評まちまちである。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)