“下染”の読み方と例文
読み方割合
したぞめ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
やはり最初から、旅僧の中にはには狸ありという風説が、下染をなしている必要はあったのである。
山の人生 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
だんだん左前になって職人もひとり出、ふたり出、親父の代から住みこんでいる三人ばかりの下染家内のおもんを相手に張りあいのない様子で商売をつづけていた。
顎十郎捕物帳:18 永代経 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
耳無しの山のくちなし得てしがな思ひの色の下染にせむ
木綿以前の事 (新字新仮名) / 柳田国男(著)