“上庸”の読み方と例文
読み方割合
じょうよう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「孟達の反心は歴然。なぜ拱手して見ているか。直ちに上庸綿竹の兵をあげて、彼の不義を鳴らし、彼の首を討ち取るべし」
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
と、上庸申耽と、金城の申儀へその旨を早馬でいい送り、何月何日、軍議をさだめ即日大事の一挙に赴かん——と、つぶさにし合わせにやった。
三国志:11 五丈原の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
上庸におられた時からいたく前非を悔い、孟達が魏へった後はなおさら慚愧にたえぬご容子であったそうです。
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)