“三眼”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
みつめ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“三眼”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
あるじの何者であるかは知らないが、自分たちに、無断侵入の引け目のあることは、充分に自覚しているし、それを叱った人の声こそ大きくないが、姿を見れば立派なお武家と見えるのに、その怖ろしい顔——では特別に怖ろしい顔ではないが、その生れもつかぬ三眼みつめが承知しない。
大菩薩峠:26 めいろの巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)