“ヴイ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
浮帯33.3%
浮標33.3%
33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この信号をお聞きになりましたら、直ぐ救命胴衣あるいは救命浮帯を御着用の上、甲板上に御参集を願います。
しかして愈々開始の際には汽笛長声一発とともに銅鑼を連打致します故、直ぐ救命胴衣あるいは救命浮帯を御着用のうえ、定めの場所へ御参集を願います。
明らかに×××丸のものらしい鉄の浮標がつけられていた。それで見ると×××丸が何処かへ移動する時に、元の位置を知るために、そうして置いて行ったものだった。
蟹工船 (新字新仮名) / 小林多喜二(著)
「私は花火の事を考へてゐたのです。我々ののやうな花火の事を。」
舞踏会 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)