“浮帯”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ヴイ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“浮帯”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
しかして愈々いよいよ開始の際には汽笛長声一発とともに銅鑼を連打致します故、直ぐ救命胴衣チョッキあるいは救命浮帯ヴイを御着用のうえ、定めの場所へ御参集を願います。
二 万一本船遭難の際は、汽笛長声一発とともに銅鑼を連打致します。この信号をお聞きになりましたら、直ぐ救命胴衣チョッキあるいは救命浮帯ヴイを御着用の上、甲板上に御参集を願います。