“モンスター”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
怪物50.0%
化物16.7%
怪人16.7%
狂鬼16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あわれなベアトリーチェのような怪物が、かつては地の上に這っていたということを、どうぞ忘れてしまって下さい
王鮭は、ほかの三君が二半からせいぜい三呎どまりなのに、長さは四呎半、胴廻りすら一呎半もあって、というより化物というほうがいいような雄大なやつだ。
南部の鼻曲り (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
この雪山の「怪人」は、土地の人も、また早い頃の冬山の登山家たちもよく知っていたが、十二三年前にドイツから或る映画家が来て、この山を背景にした映画を作って、我が国内にはもちろん
樹氷の科学 (新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)
が、その結末に待っているものは、いつもかならず違算と失望だった。この怪異な狂鬼が住んでいるかもしれないと思われる町は、片っ端から戸別に家宅捜索した。
女肉を料理する男 (新字新仮名) / 牧逸馬(著)