“シロツコ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
巽風66.7%
東南風33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
巽風シロツコ吹く頃の夕立をも、雪ふゞきをもしのぎし衾ぞとて、壁よりはづして投げ掛くるは、褐色なる大外套なり。
煖き巽風シロツコの吹くごとに、われはペスツムの温和なる空氣をおもひ出して意中にララが姿を畫き、ララによりて又その邂逅の處たる怪しき洞窟に想ひ及びぬ。
ただ病める東南風シロツコのみぞ重たげに、また、たゆたげに、
第二邪宗門 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)