“コンパス”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
羅針盤66.7%
33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
嘘だと思われるならば甲板デッキへ上って、羅針盤コンパスを覗いて御覧なさい。
焦点を合せる (新字新仮名) / 夢野久作(著)
ところが、いよいよ羅針盤コンパスの四隅は銀盃の酒で清められ、支柱がとり外され、巨体が一間ばかりそろそろと辷った、と思うと、どうしたわけか、そこへ釘づけになって、てこでも動かない。
黒船前後 (新字新仮名) / 服部之総(著)
背はひよろりとした方で、馬鹿にコンパスが長い。
解剖室 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)