“カヌー”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
独木舟57.1%
軽舸28.6%
獨木舟14.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一番骨の折れるところは月毛が手伝ってくれて、六週間もすると、インド人の使うような独木舟カヌーが一せき出来上りました。
家の裏からすぐ海に向って、大きな独木舟カヌーがしまってあり、その周囲に雑然と鍋・釜・トランク・鏡・椰子殻・貝殻などが散らかっている。
すると先刻までは何処に居たのか水音も為せなかった沢山の軽舸カヌーが、丁度流れ寄る花弁のように揺れながら、燈影の華やかなパゴラの周囲に漂い始めます。
C先生への手紙 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
六月の若いクリの梢に、黄金の軽舸カヌーのような半月が浮んだ。
一九二三年夏 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
獨木舟カヌーの置いてある室の奧に、一段ゆかを高くした部屋があり、其處に家族等がうづくまつたり、寢そべつたりしてゐるらしい。
家の裏から直ぐ海に向つて、大きな獨木舟カヌーがしまつてあり、其の周圍に雜然と鍋・釜・トランク・鏡・椰子殼・貝殼などが散らかつてゐる。