“オーバー”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
以上50.0%
外套50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
うまく大漁とぶちあたれば、一シイズン二千ドル以上オーバーという金の女神エルロオ・エンジェルの流し目にぼうとなって、命までもと打ちこんだプロもプロ大玄人プロ
南部の鼻曲り (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
「ううん。もう豚公には用はないよ。僕は、彼奴あいつ食余くいあました餌と毒を、手に入れたからね」とそう言って外套オーバーのポケットから、三、四枚の花の様な煎餅せんべいを出して見せました。
とむらい機関車 (新字新仮名) / 大阪圭吉(著)