“オホヂ”のいろいろな漢字の書き方と例文
ひらがな:おほぢ
語句割合
大路57.1%
祖父42.9%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
朱雀大路オホヂも、こゝまで來ると、縱横に通る地割りの太い路筋ばかりが、白々として居て、どの區畫にも/\、家は建つて居ない。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
朱雀大路オホヂも、こゝまで來ると、縱横に通る地割りの太い路筋ばかりが、白々として居て、どの區畫にも/\、家は建つて居ない。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫(著)
その耳面刀自と申すは、淡海公の妹君、郎女の祖父オホヂ南家太政ナンケダイジヤウ大臣には、叔母君にお当りになつてゞおざりまする。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
その耳面刀自と申すは、淡海公の妹君、郎女の祖父オホヂ南家ナンケ太政ダイジヤウ大臣には、叔母君にお當りになつてゞおざりまする。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)