“りょうはじ”の漢字の書き方と例文
語句割合
両端100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
もとの記憶には産土のわきを円曲えんきょくに曲がって、両端りょうはじには青い草がきれいにあざみやたんぽぽの花など咲いていた。
落穂 (新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)
水の上に差し出された両端りょうはじを支える二本の棚柱たなばしらは池の中に埋まっていた。
道草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)