“むらはづれ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
村端85.7%
村外14.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
こゝは網代の村端むらはづれにて、これより渓澗けいかんに沿ひ山一つ登れば、昔し遊びし浴亭、森粛しんしゆくたる叢竹の間にあらはれぬ。
三日幻境 (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
大きく菊の花を染めた、派手な唐縮緬たうちりめん衣服きものを着た藤野さんの姿の交つたのは、村端むらはづれの泥田に蓮華の花の咲いたよりも猶鮮やかに
二筋の血 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
何と人が思つても自分は村外むらはづれにされつ切りになつては居られない。
夜烏 (新字旧仮名) / 平出修(著)