“まやかし”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
欺瞞33.3%
瞞着33.3%
騙術33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
点灯会社に住込んで脚達きやたつかついで飛んだ事もある、一杯五厘のアイスクリームを売つた事もある。西瓜の切売をした事もある、とゞの結局つまりが縁日商人となつて九星きうせいひとり判断はんだん、英語独稽古から初めて此頃では瞞着まやかしの化粧品と小間物を売つてマゴ/\しておるが君、金を儲けるのは商人だよ。
貧書生 (新字旧仮名) / 内田魯庵(著)
これも何か坊主どもの騙術まやかしだろうが、一体この寺の鐘性弱いのか、またさなくとも、度々たびたびの兵火でしばしば𤿎裂ひびわれたのを、その都度よい加減に繕うたが、ついに鳴りやんだので、その𤿎裂や欠瑕を幸い