“ほほえみ”の漢字の書き方と例文
語句割合
微笑100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ところが、そのとき滝人の頭の中に、ふと一つの観念が閃くと、知らず知らず残忍な微笑ほほえみが、口の端を揺るがしはじめた。
白蟻 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
こう云って松虫は微笑したが、その微笑ほほえみは寂しそうであった。荒野に生い立ったこの娘は誰をでも懐しく思うのであろう。
神州纐纈城 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)