“べつぴん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
別嬪77.8%
別品22.2%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「イヨウ、素敵な別嬪べつぴんが立つてるぢやねエか——いけはたなら、弁天様の御散歩かと拝まれる所なんだ」
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
「相變らず別嬪べつぴんやなア、お前幾つや。」と、竹丸を棄ててお駒の方へ向き直つた。お駒はただ笑つてゐたけれど、
天満宮 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
「あの赤樫あかがし別品べつぴんさんね、あの人は悪いうはさが有るぢやありませんか、聞きませんか」
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
やはりお糸さんが別品べつぴんやさかい、皆なが気にしてると見えるな。
心の鬼 (新字旧仮名) / 清水紫琴(著)