“ぶつぶつ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
呟々33.3%
沸々33.3%
疱疹33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
無精者ぶしやうものの細君は何やら呟々ぶつぶつ小供を叱つてゐた。
足跡 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
沸々ぶつぶつ言ったってかまわないが、斯ういう処をはたから看たら、たれが眼にも私は立派な小狐家おぎつねけの書生だ。
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
これがお竹ででも有ろうものなら、直ぐ見たくでもないつらふくらして、沸々ぶつぶつ口小言を言う所だ。
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
手紙は藥劑師の書くもので、それも豫め酢で舌をしめしてから書かないと、顏ぢゆうに疱疹ぶつぶつが出て堪つたものぢやないて。
狂人日記 (旧字旧仮名) / ニコライ・ゴーゴリ(著)