“ふへん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
普遍60.0%
不変20.0%
布片20.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
後代の批判にして誤らず、普遍ふへんの美にして存するとするも、書を名山に蔵するていの事は、私の為すべき限りではない。
澄江堂雑記 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
食用蛙は近来きんらい日本でも養殖されるが、本場のフランスにおいてさえまだなかなか普遍ふへん的な食物とはなっていないようだ。
異国食餌抄 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
不変ふへんにうつくしく。
畑の祭 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
不変ふへんにうつくしく。
畑の祭 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
このたけ高く細長き女の真白まっしろき裸体は身にまとへる赤き布片ふへんと黒く濃き毛髪とまた蒼然そうぜんたる緑色の背景と相俟あいまつてしん驚愕きょうがくすべき魔力を有する整然たる完成品たり。
江戸芸術論 (新字新仮名) / 永井荷風(著)