“ふうぼう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
風貌67.3%
風丰32.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
いまだ少年であった私がい翁と直接話をすことが出来なくとも、一代の碩学風貌き見するだけでも大きい感化であった。
三筋町界隈 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
にこりともしない風貌にはじめて接し、やはり私のかねて思いはかっていた風貌と少しも違っていないのを知り、全く安心した。
『井伏鱒二選集』後記 (新字新仮名) / 太宰治(著)
何の事はない、緑雨の風丰、人品、音声、表情など一切がメスのように鋭どいキビキビした緑雨の警句そのままの具象化であった。
斎藤緑雨 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)
南条、五十嵐のほかのもう一人は、やはり同じようにをあげた壮士でありまして、才気風丰、おのずから凡ならざるものがあります。
大菩薩峠:37 恐山の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)