“ふうひ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
封被66.7%
封皮33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「なに、訳はない」と断わりながら、一旦詰め込んだ香水のびんを取り出して、封被ふうひいで、栓を抜いて、鼻に当てていでみた。
それから (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
「なに、わけはない」と断わりながら、一旦め込んだ香水のびんして、封被ふうひいで、せんいて、はなてゝいで見た。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
「評定所七の日の御決定書ごけっていがきでございます。御覧の上は、封皮ふうひへ御入手のおしるしをいただきとう存じまする」といった。
鳴門秘帖:06 鳴門の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)