“ひとあな”の漢字の書き方と例文
語句割合
人穴100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それから、全くめちやくちやな石ころ道を下りて、人穴の村に出るまでに、私は馬がつまづいて二度までも投げ出されさうになつた。
湖水めぐり (旧字旧仮名) / 野上豊一郎(著)
「お待ちあそばせや、伊那丸さま。人穴の殿堂は、この咲耶子がんじている道、踏みやぶる間道をごあんないいたしましょうぞ」
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ここぞ御自分の畢生の御修行場と思召して、お頂上、中道人穴、八湖、到るところであらゆる難行苦行をなさいました、それからいったんお国許へお帰りになりまして
大菩薩峠:37 恐山の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
人穴から燃えひろがった野火は、まるところを知らず、にわたって、濛々と煙をたてているので、下界のようすはさらに見えない。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
みなのもの、わしはこれからすぐ人穴の殿堂へけいり、呂宋兵衛の首を剣頭にかけて、祖先におわびをいたすつもりだ。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)