“ぱぎ”の漢字の書き方と例文
語句割合
100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
頭の上に垂れ下がっている萌黄の蚊帳、………夜目にも黒く、長々と解いた髪の毛の中の白い顔、………しどけないガウンの、ところどころにわれている胸や、腕や、らッ
痴人の愛 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
菱苅の指先に、肩に、に、悪場に挑む、ぬきさしのならない感覚が甦ってきた。
一の倉沢 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
いっそにかみついてやりたくなるほど、いい様子なんでございまス。