“はんぺん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
半平50.0%
半片50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しりは臀部しりに掛けたもの、しんじょは糝薯しんじょであって半平はんぺんたぐい真如しんにょの月に通ずる。
そして下大和橋のたもとの、落ちこんだように軒の低い小さな家では三色ういろを売っていて、その向いの蒲鉾屋かまぼこやでは、売れ残りの白い半平はんぺんが水に浮いていた。
アド・バルーン (新字新仮名) / 織田作之助(著)
あんぽんたんながら、それには恐縮して、老人としよりの眼は悪かろうからと、だんだん後へさがって座るのだが、お豆腐ぎらいのために母が内密ないしょ半片はんぺんにしてくれると、ちゃんと知っている。
鉄砲町の百瀬ももせという接骨医の裏にいたが、半片はんぺんを三角にきって煮附につけたお菜をわけてくれて、絵硝子ガラスのはまった行燈あんどんのわきで一緒に御膳をたべさせるのを楽しみにしていた。