“にっこう”の漢字の書き方と例文
語句割合
日光100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
まえには、いろいろの雑草ざっそうはなが、はげしい日光にっこうびながらいて、ちょうや
曠野 (新字新仮名) / 小川未明(著)
うすい、白雲しらくもやぶって、日光にっこうはかっとまち建物たてものらしていました。
芽は伸びる (新字新仮名) / 小川未明(著)