“せめて”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
攻手75.0%
責手25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あれほどひどく吾々を手間取らせた退潮は、今度はその償いをして、吾々の攻手せめてを手間取らせていた。
滅多めったに油断はなりませぬぞ。いずれ色々の攻手せめてをもって、我々を苦しめるに相違ござらぬ」
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
平次は少しも責手せめてをゆるめません。