“すくすく”の漢字の書き方と例文
語句割合
矗々100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
蒼白くひろがった月光の中に、尖塔を持ち円家根まるやねを持ち、矗々すくすくと聳えている南蛮寺の姿は、異国的であって神々しい。
南蛮秘話森右近丸 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
ほばしら、電柱、五月鯉さつきのこいさおなどになるのが、奇麗に下枝をろされ、殆んど本末の太さの差もなく、矗々すくすくと天を刺して居る。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)