“ちくちく”の漢字の書き方と例文
語句割合
矗々100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
生れたままの、自分の意志——というよりも我意を、高山の頂に生いたった杉の木のように矗々ちくちくひひらしている大将であった。
忠直卿行状記 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
十幾棟の大伽藍を囲んで、矗々ちくちくと天を摩している老杉ろうさんに交って、とちけやきが薄緑の水々しい芽を吹き始めた。
仇討三態 (新字新仮名) / 菊池寛(著)