“しりはしお”の漢字の書き方と例文
語句割合
尻端折100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その木版の絵がやはり蝙蝠傘をさして尻端折った薬売りの「ホンケ」の姿を写したものであった。
物売りの声 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
綺麗好きな島田は、自分で尻端折りをして、絶えず濡雑巾を縁側や柱へ掛けた。それから跣足になって、南向の居間の前栽へ出て、草毟りをした。あるときはを使って、門口泥溝った。
道草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)