“しらぬい”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
不知火91.7%
白縫8.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「お母様だけは日本の生れで、それも九州の大大名、竜造寺家の姫君の、不知火しらぬい姫と仰せらるる美しいお方でございます」
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
「兄上、これなる御仁が当不知火しらぬい道場の師範代——というよりも、ながらく拙者のじゃまをしてこられた、峰丹波どの……」
丹下左膳:03 日光の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
私は拝借の分をお返ししながら、草双紙くさぞうしの、あれは、白縫しらぬいでありましたか、釈迦八相しゃかはっそうでありましたか。
菊あわせ (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
と——ある、ある! 俗称白縫しらぬいのおよし、窃盗きんちゃっ切りの罪重なるをもって四月三日死罪に処せられしうえ梟首獄門きょうしゅごくもん