“白縫:しらぬい” の例文
“白縫:しらぬい”を含む作品の著者(上位)作品数
佐々木味津三1
泉鏡花1
“白縫:しらぬい”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
私は拝借の分をお返ししながら、草双紙くさぞうしの、あれは、白縫しらぬいでありましたか、釈迦八相しゃかはっそうでありましたか。
菊あわせ (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
と――ある、ある! 俗称白縫しらぬいのおよし、窃盗きんちゃっ切りの罪重なるをもって四月三日死罪に処せられしうえ梟首獄門きょうしゅごくもん