“しょんぼ”の漢字の書き方と例文
語句割合
100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
広い会所の中は揉合うばかりの群衆で、相場の呼声ごとに場内は色めきたつ。中にはまた首でもりそうな顔をして、冷たい壁にれている者もある。
世間師 (新字新仮名) / 小栗風葉(著)
私は暗い路ばたにり佇んで、独り涙んでいたが、ふと人通りの途絶えた向うから車のが聞えて、提灯の火が見えた。こちらへいてくるのを見ると、年の寄った一人の車夫が空俥を挽いている。
世間師 (新字新仮名) / 小栗風葉(著)