“しょん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
仕様50.0%
50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その蟷螂さんと対局して、今、賭けておいた幾らかの金を取られ、ぼりと、もう石をした盤を、いつ迄、未練げに眺めていたのは、浮世絵師の喜多川春作だった。
魚紋 (新字新仮名) / 吉川英治(著)