“しゆんてい”の漢字の書き方と例文
語句割合
舜帝100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
させおのれら我意せて退出後にゆる/\休足酒盛などして夜に入て評定し又もなかれてすなとよく/\舜帝の御心を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
さめ仁義をもつて百姓をしたがへ道にたるをひろはず戸さゝぬ御代とせんとなりまことにといへども聖人の御代には庭上を出し舜帝みつから其罪
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)