“しゃくき”の漢字の書き方と例文
語句割合
癪気100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
若江は身のりでございますから、一言もないが、心底可愛い梅三郎と別れる気がない、女の狭い心から差込んでまいる癪気に閉じられ
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
癪気と見て紙にんで帰り際に残しおかれたの結晶ありがたくもないとすぐから取って俊雄の歓迎費俊雄は十分あまえ込んで言うなり次第の倶浮れ四十八の所分も授かり融通の及ぶ限り借りて借りて皆持ち寄りそのころから母が涙のいじらしいを
かくれんぼ (新字新仮名) / 斎藤緑雨(著)
翌朝になると、お竹は尚更癪気が起って、病気は益々重体だが当人が何分にもきませんから、駕籠をい、碓氷を越して松井田から安中宿へ掛り、安中から新町河原まで来ますと
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
按摩「しゅうが鍼をいたしましょう、鍼はお癪気には宜しゅうございます」
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)