“ざんそ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
讒訴93.3%
残礎2.2%
残蔬2.2%
纔訴2.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ねえ、お内儀さん、私はなにも人様の讒訴をするわけではございませんが……あの方の人相をごらんなさい。昨晩も夢を見ましたよ。
大菩薩峠:23 他生の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
昔の名残には、ヘロデの建てし街の面影を見るべき花崗岩の柱十数本、一丈五尺にして往々一石より成るもの、また山背の窪地に劇場の墟址あり。麦圃の、橄欖の影に、断柱残礎散在す。
寒駅ノ泊リ壁ヲ隔テテコレヲ聞ケバ大ニ趣ヲ成ス。晁氏ガ小雨暗々トシテ人寐ネズ。臥シテ聴ク羸馬残蔬ムトイフトコロコレナリ。鶯声ノ耳ニ上ル近キモマタ愛スベシ。
向嶋 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
するともと/\狡猾な女でございますから、奥方の纔訴を致し、又若様の纔訴を致すので、何となくう家がもめます。
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)