“纔訴”の読み方と例文
読み方割合
ざんそ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
するともと/\狡猾な女でございますから、奥方の纔訴を致し、又若様の纔訴を致すので、何となくう家がもめます。
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)