“さざめき”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
歓語66.7%
密語33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
歓語絶えぬ。——湯気白う
第二邪宗門 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
母屋にまた、おこる歓語……
邪宗門 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
町は悦気密語に充ちた。寄太鼓の音は人々の心を誘ふ。其処此処に新しい下駄を穿いた小児らが集つて、樺火で煎餅などを焼いてゐる。火がぜて火花が街路に散る。
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)