“こしょく”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
古色33.3%
孤燭33.3%
枯色33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
古色こしょくおびただしい青銅の竜がわだかまつて、井桁いげたふたをしてりまして、金網かなあみを張り、みだりに近づいては成りませぬが、霊沢金水れいたくこんすいと申して、此がために此の市の名が起りましたと申します。
伯爵の釵 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
見られているとも知らず、左膳、口に筆をかんで、いやに深刻な顔で巻紙をにらんでいる。どこへやる文やら、寒燈孤燭こしょくのもと、その一眼は異様な情熱にもえて——。
丹下左膳:02 こけ猿の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
——いまここで、一ト雨来れば、枯色こしょくの田の半分以上は救われるぞ——と考え来たって、正成の頬を、白い涙のすじが垂れた。
私本太平記:03 みなかみ帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)