“けうりやう”の漢字の書き方と例文
語句割合
橋梁100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
先生は、日頃から、この意味に於て、自ら東西両洋の間に横はる橋梁にならうと思つてゐる。
手巾 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
広く世界各国の都市と其の河流及び江湾の審美的関係より、に進んで運河沼沢噴水橋梁細節つてを説き、其のらざる処をはんが為めに水流に映ずる市街燈火の美を論じてゐる。
水 附渡船 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
鐵材に組みたる橋梁
牧羊神 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)