“ぎゅう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
85.0%
牛肉10.0%
妓夫5.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
所詮は、ただうれしいのである。上野の博覧会である。広小路のぎゅうがおいしかったのである。どんな進歩があったろうか。
如是我聞 (新字新仮名) / 太宰治(著)
「田舎ものめ、河野の邸へ鞍替くらがえしろ、朝飯にぎゅうはあっても、てえの目を食った犬は昔から江戸にゃ無えんだ。」
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
なにしろ死んだら牛肉ぎゅうのおさしみを仏壇へあげてくれという人だったから、私は驚きもしなかった。
牛肉ぎゅうもふつふつ煮えて来た。
白花の朝顔 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
勝次郎はよし原の妓夫ぎゅうで、夜は家にいない。
半七捕物帳:56 河豚太鼓 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)