“ぎげいてん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
伎芸天66.7%
技芸天33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
なま/\しき絶世の美人であつて、しかも無限性を牽出ひきだすもの、こゝに吉祥天きちじょうてん伎芸天ぎげいてん弁財天べんざいてんなどゝいふ天女型の図像が仏菩薩ぼさつ像流行を奪つて製作され
老主の一時期 (新字旧仮名) / 岡本かの子(著)
たとえば船乗は船魂ふなだま神社をまつり、大工左官は聖徳太子をあがめ、魚屋は恵比須えびすを、裁縫師は伎芸天ぎげいてんを、三味線や琴の師匠は吉祥天きっしょうてんを祭ると云ったように、それぞれの職域を神聖なものとして、自分の芸や仕事をみがいてきた。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)