“きらかうずけのすけどの”の漢字の書き方と例文
語句割合
吉良上野介殿100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
播州赤穗城主淺野内匠頭殿家臣大石内藏助忠義面々元祿十五年十二月十四日吉良上野介殿討入同月十日に大石内藏助は小山田庄左衞門同志人々家内
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)