“きゅうてんじゃ”の漢字の書き方と例文
語句割合
九天邪100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
九天邪るの使け、十悪を罰するのね、魑魅魍魎をして以て其奸るる無く、夜叉羅刹をして其暴にするを得ざらしむ。んや清平の世坦蕩のときにおいてをや。
牡丹灯籠 牡丹灯記 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)