“きやうま”の漢字の書き方と例文
カタカナ:キヤウマ
語句割合
京間100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一體三間ばかりの棟割長屋に、八疊も、京間廣々として、唐草彫かくしなどがあらうとふ、書院づくりの一座敷を、無理附着けて、屋賃をおなみにしたのであるから、天井いが
くさびら (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)