“きじゆつ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
機術50.0%
記述25.0%
詭術25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
翫具ぐわんぐには用うる所さま/″\あるべし。源内死して奇術たえたりしにくだんの両人いでゝ火浣布の機術きじゆつふたゝび世にいでしに、嗚呼あゝ可惜をしむべし、此両人も術をつたへずしてぼつしたれば火浣布ふたゝび世にたえたり。
翫具ぐわんぐには用うる所さま/″\あるべし。源内死して奇術たえたりしにくだんの両人いでゝ火浣布の機術きじゆつふたゝび世にいでしに、嗚呼あゝ可惜をしむべし、此両人も術をつたへずしてぼつしたれば火浣布ふたゝび世にたえたり。
乳房にうはうの部の膨れ方に大小の差有るは尤も注意すべき事たり。余は有力ゆうりよくなる反證はんしようを發見する迄は二樣の土偶は男女の相異を示すものとして記述きじゆつすべし。
コロボックル風俗考 (旧字旧仮名) / 坪井正五郎(著)
今は只上着のみに付きて記述きじゆつこころむべし。
コロボックル風俗考 (旧字旧仮名) / 坪井正五郎(著)
「まあざつとこんな調子です。」彼は吾れと吾が詭術きじゆつに酔つたやうな顔をして四方あたりを見廻した。そしてその眼は不自然な凝視で以て重役の上に暫らく止まつた。
手品師 (新字旧仮名) / 久米正雄(著)