“かんいつ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
貫一50.0%
閑逸50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「それはさうだけれど、どうも貫一さんの事が気になつて。御父さんはもう貫一さんに話をすつたらうか、ねえ御母さん」
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
「荒尾さん、それでは、とてもお聴入はあるまいと私はめましたから、貫一さんへお詑の事はもう申しますまい、又貴方に容して戴く事も願ひますまい」
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
貫一さん」とひ寄らんとするを、薄色魚子の羽織着て、夜会結たる後姿の女はつて引据れば
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
世をあげて戦い、或いは孜々と働いている中に、ひとり閑逸るためにのみし澄ましている者あれば、それは茶避茶懶の徒とも申すべきか、信長は感心せぬ。
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)