“かけがく”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
懸額75.0%
掛額25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
同時に彼は新らしくとこに飾られた花瓶はないけとその後に懸っている懸額かけがくとを眺めた。
道草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
白鳥しらとりのみねの樹間じゅかんにみえる大鳥居おおとりい懸額かけがく
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
たゞ坦懷たんくわいなる宙外君ちうぐわいくんは、此盆このぼんゆづりうけて、のままに彫刻てうこくさせて掛額かけがくにしたのであつた。
春着 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
お島はそう言ってそのミシンや裁板たちいたを買入れるために、小野田の差金で伯母の関係から知合いになった或る衣裳持いしょうもちの女から、品物で借りてやっ調ととのえることのできたきわどい金を、彼女は途中で目についた柱時計や、掛額かけがくなどがほしくなると、ふと手を着けたりした。
あらくれ (新字新仮名) / 徳田秋声(著)