“おまじない”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
禁厭50.0%
呪文25.0%
御咒25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「どうですえ、その森ン中の暗い枝に、烏瓜ッてやつがっていまさあ。真紅なのは提灯みたいだ。ねえ、持っておいでなさらねえか、何かの禁厭になろうも知れませんや。」
白金之絵図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「何ですかね、蛇だとか、いろいろな毒虫を見ると、何か呪文のような事を言って、すぐそれを殺してしまうのです。私の祖母さんもやりますよ。」
北国の人 (新字新仮名) / 水野葉舟(著)
犠牲の一世紀を経たる後もなほ『白き手の人々』を絞殺せる縄は幸運の御咒になると信じてゐるのである。
少数と多数 (新字旧仮名) / エマ・ゴールドマン(著)