“あしざわ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
足触50.0%
葦沢25.0%
足障25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それは天然てんねん白砂はくさをばなにかでほどよくかためたとったような、心地ここちで、足触あしざわりのさともうしたら比類たぐいがありませぬ。
それらのアカシアの花ざかりだった頃は、その道はあんなにも足触あしざわりがやわらかで、新鮮しんせんな感じがしていたのに、今はもう、あちこちに凸凹でこぼこができ、きたならしくなり、何んだかいやなにおいさえしていた。
美しい村 (新字新仮名) / 堀辰雄(著)
呼び止めた男は、いばら組の沼沢甚右衛門、葦沢あしざわ弥兵衛、桜場隼人さくらばはやとなどだった。見れば大地へ姿を揃えて平伏している。そして誠意を示して云うのだった。
剣の四君子:03 林崎甚助 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
また、いばら組から脱した沼沢甚右衛門は、常陸ひたち真壁まかべに、葦沢あしざわ弥兵衛は武州牛久在うしくざいに、桜場隼人さくらばはやとは三州挙母ころも村に、それぞれ一道場を持って大いに道風を興したとある。
剣の四君子:03 林崎甚助 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
黒砂の道は、去年ながらの落葉をめこんで、足障あしざわりが柔かく、陰森なる喬木林から隠顕する富士は赤ッちゃけた焼土で、釈迦しゃか割石わりいしと富士山中の第二高点、見ようによっては
不尽の高根 (新字新仮名) / 小島烏水(著)